外国為替証拠金取引の歴史は、近年個人投資家保護に向けられつつあります。

外国為替証拠金取引の歴史については、平成10年4月に外国為替及び外国貿易法が改正されたことにより、世に出ることとなりました。法改正が行われる前までは、銀行はじめ特定の機関を中心に外国為替取引を主に行っていましたが、法改正後は誰でも自由に為替取引を出来るようになり、今日に至っています。

誰でも自由に取引出来るようになったことで、取引業者も増えることになりました。その頃は取引に関する法律や規制が存在しなかったため、悪徳業者が多発することになり問題となったものの、平成17年7月に悪徳業者を排除するための金融先物取引法が改正されます。取引業者は登録制となり、金融庁の監督下に置かれるようになったり、

手数料や為替変動リスクについての表示や、契約を締結する際や顧客から証拠金を受け取る際に書面の交付が義務化されました。現在では取引を行なう際にレバレッジは最大で25倍に規制されているものの、高レバレッジによる投機的な取引が増加したこと、個人投資家の証拠金の保護を目的に平成23年度から実施されています。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes