雇用統計の為替相場への影響とは

外国為替による投資を行っているという人は多いと思いますが、継続して為替相場で利益を上げていくには相場の動きを予測する作業が欠かせません。為替相場の値動きはさまざまな要因によって引き起こされますが、その一つの要因として見逃すことのできないものがあります。それは雇用統計と呼ばれるものです。特にアメリカのドルという通貨は世界の基軸通貨であるため、アメリカの雇用統計は為替相場に大きな影響を与えます。では雇用統計)の為替相場への影響とは何かを説明してみましょう。


アメリカには日本の日銀にあたる連邦準備制度理事会があり、金融政策を実施しています。連邦準備制度理事会では、金利を上下させることで景気のバランスを取っています。その時に大きな指標となるのが雇用統計なのです。雇用状況が悪化すると金融緩和によって金利が下げられ、逆に雇用状況が改善されると金利が上げられることになります。金利が下がればドルが売られて下落をし、金利が上がればドルが買われて上昇することになります。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes