杜仲茶の効能・効果について

杜仲茶でおなじみの杜仲葉のトチュウ科トチュウ属トチュウは、約6000万年前から氷河期を経て現在まで生き続けている一科一属一種のみの珍しい樹木で、生育するまでに15~20年かかり、成木は高さ約20mにもなります。血圧が高めの方に効果があり、高めの血圧を穏やかに下げたり、メタボリックシンドロームなどの内臓脂肪の蓄積を減少し、肥満を抑制する働きがあるとされていて、生活習慣病の予防や健康維持に注目されています。

 
特に血圧に対する作用では、杜仲茶の杜仲葉が血圧が高めの方に適した食品として特定保健用食品(トクホ)の表示許可を受けていて、健康素材として期待されています。杜仲葉には、杜仲葉糖体のゲニポシド酸という成分を含んでいて、高めの血圧を穏やかに下げる作用があるとされています。また、杜仲茶には血管を若く保ったり、血中の脂質や血糖値、内臓脂肪に働きかける作用があるとされています。杜仲茶を飲むことで、メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防や改善に役立てて、健康維持に努めましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>