マカとは

マカとは、アブラナ科メングンバイナズナ属のペルー原産の植物で、標高約4000mのアンデス高地に自生しています。約2000年前の古代インカ帝国で栽培が始まったとされている小さな白い花をつける背丈が低い植物で、塊茎部分は食用や民間薬に利用されています。カブに似た形状をしていて色は黄色や紫、ピンクなどさまざまです。

貴重な栄養源であったマカは、特権階級しか口にできなかったと言われています。日中は強烈な日差しにされされ、夜間は氷点下にまで気温が下がる厳しい気候のアンデス高地に自生するマカは、大地からの栄養分をふんだんに吸収して育つほど生命力が強く、マカが育った土地はやせてしまうと言われるくらいです。ペルーでは、古い時代から滋養強壮や精神的疲労に効果があるとされていて、民間療法に用いられています。

 

加齢で成長ホルモンの分泌量が減ってしまい、生殖能力や体力、免疫機能が低下してしまいますが、近年の研究でマカにある有効成分が成長ホルモンを促進し、強精作用を発揮すると考えられています。また、マカにはアミノ酸、炭水化物、タンパク質、ビタミン、鉄、銅、亜鉛などが豊富に含まれていて、これらの成分の働きによって男性の性機能の改善や強精、滋養強壮に効果が期待されています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>