こぼれ話

アニメショップとは、アニメのキャラクター商品やその関連の商品等を販売して取り扱うお店です。そのアニメの商品の中にフィギュアがあります。それはアニメの人気の登場人物の形をした人形ですが、アニメショップでも高い値段で取り引きをされている商品もあります。オタクと呼ばれるコレクターたちがいるのですが、フィギュアを集める事が好きな人たちです。その人気アニメの可愛いキャラクターのフィギュアをケース等に収納して、大切に保管しながら楽しんでいます。

それはソフトビニールで作られていますので、イメージも柔らかい人形たちです。その人気アニメの種類からヒロインのキャラの洋服を着た人形たちが人気です。それを扱うアニメショップには、もう生産していない商品やグッズが売られていたりします。それは買取を行うアニメショップなどですが、フィギュアのプレミアム商品の買い取り販売をしているお店なのです。そこをマニアたちが楽しげにのぞいている姿を見かけるのですが、世界にも日本のアニメショップがあるくらいに人気のショップです。

外国為替証拠金取引の歴史は、近年個人投資家保護に向けられつつあります。

外国為替証拠金取引の歴史については、平成10年4月に外国為替及び外国貿易法が改正されたことにより、世に出ることとなりました。法改正が行われる前までは、銀行はじめ特定の機関を中心に外国為替取引を主に行っていましたが、法改正後は誰でも自由に為替取引を出来るようになり、今日に至っています。

誰でも自由に取引出来るようになったことで、取引業者も増えることになりました。その頃は取引に関する法律や規制が存在しなかったため、悪徳業者が多発することになり問題となったものの、平成17年7月に悪徳業者を排除するための金融先物取引法が改正されます。取引業者は登録制となり、金融庁の監督下に置かれるようになったり、

手数料や為替変動リスクについての表示や、契約を締結する際や顧客から証拠金を受け取る際に書面の交付が義務化されました。現在では取引を行なう際にレバレッジは最大で25倍に規制されているものの、高レバレッジによる投機的な取引が増加したこと、個人投資家の証拠金の保護を目的に平成23年度から実施されています。

キプロスショックと為替の関係

ユーロ圏全体の経済規模に対してたった0.2%ほどの規模しかないのに、ユーロに大きな影響を及ぼそうとしているのがキプロスの金融危機です。ギリシャの2010年末段階における1720億ユーロの救済額に比べればキプロスへの救済は小さな金額に過ぎないのですが、その内容が物議を醸しているのです。

EUの財務相会議はキプロスへの金融支援を100億ユーロに圧縮するために、キプロスの銀行預金者から58億ユーロを捻出するように求めたことに端を発します。このベイルインと呼ばれる債権者負担による救済方法は欧州危機の中でもはじめてのやり方で、大口預金者が破綻コストを負担するというものなのです。

これがキプロスショックと呼ばれるものですが、国内では預金取り付け騒動が勃発し、この国がユーロ離脱の第一号になるのではいかという憶測も飛び交い当然のことながらユーロは大きく下押しすることとなりました。この国の状況がEUの行く末を大きく左右するという意味で、今後の状況が為替に与える影響はかなり大きいものとなってきています。

ユーロ/ドルはドル/円レートも関係する

ユーロドルのレートというのは、最近ではドル円とも非常に関連性が深くなっています。昨年のユーロ危機の際には、ユーロ自体のリスクから為替が動くことが多く、明らかにユーロ主体で相場が形成されていた時期がありました。しかし昨年末、安倍政権が誕生してデフレ対策が本格化したあたりから中心が円に移動してきたのです。
円安が相場の主体となってドル円が動くことで、ユーロ円もそれにつられて動く形となり、当然クロス円も同様の動きをすることになりましたからユーロドルが影響を受けるようになっているのも当然の流れとなってきているのです。長らくドル円が主導で為替マーケットが形成されることはありませんでしたから新しい動きといってもいいことです。

さらにこの4月の日銀の緩和以降は、円安とともにドル高という新しい局面が市場を動かすようになっており、ドル円の動きがそういう意味でもユーロドルに影響を与えるようになっているのです。ユーロドルにドル円のレートが影響するというのは、実態としてそういう動きになっているのです。

スマホ専用のアクセサリーについて

スマホはすっかり定着してきて、日常生活には欠かせないものになってきています。そのため専用のアクセサリーも沢山登場しています。その一つにイヤホンピアスがあります。これはスマホのイヤホンジャックに差し込んでオシャレに飾るものです。ユニークなものから、有名キャラクターやイニシャルを模ったものなど様々なものがあります。スマホを自分らしく、また個性的にすることが出来ます。またカップルやグループでおそろいにしたりなど選び方も様々です。


実用的なアクセサリーも多種多彩にあります。スマホケースには落とした時に衝撃を少なくする効果があるものがあります。また落とすことが多い人にはバンガーリングを利用することをオススメします。簡単に取り付けることができ、落とす回数が減ります。他にもスマホスタンドも便利で、立てかけておけるだけではなく充電が出来るタイプもあります。このように実用的で尚且つデザインに優れていたり、ユニークで和む効果があったりと様々なものがあります。

景況感調査の為替相場への影響とは

景況感調査)の為替相場への影響とはどのようになっているでしょうか。先進国で発表される景況指数は景気の先行きを占うものとして大きな注目を集めます。アメリカのISM製造業景況指数やドイツのZEW景況指数などがこれに当たりますが、双方ともに景気の先行きを見る上で市場はその数値と市場アナリストの予想数字との乖離に大きな興味をもつことになります。だいたい50を超えれば景況拡大で下回れば後退を意味しますが、仮にマイナスでも市場予想よりよければ為替市場はプラスに反応します。

特に最近のこの手の指数については絶対値よりも市場の予想を超えているか下回るかで為替の反応が大きく変わることがあり、こと為替市場に関しては相対的な評価となることが多いのに注意が必要となります。それだけ経済指標の場合にはある程度事前段階から折込済みになるケースも多いということになりますが、大方の予想を裏切ったときに失望売りが出やすくなっており、ポジティブサプライズには比較的大きな反応がでることも増えているのが特徴です。

 

政策金利の為替相場への影響とは

その国の中央銀行が銀行をはじめとする金融機関に融資をする際の金利のことを政策金利といいます。政策金利の変更は、主に物価の安定やインフレ、デフレなどの経済状況を改善することを目的に行われます。政策金利は民間の金融機関の預貯金の金利にも大きな影響を与え、政策金利の高低によって民間の金利も変動することになります。為替相場を語る上で、政策金利の存在は決して無視することはできません。政策金利)の為替相場への影響とは何かを簡単に説明してみましょう。

仮に政策金利が高くなった場合、その国の金融機関には高金利を求めてたくさんの資金が集まることになります。これは国内に限らず海外からの資金も流入することになり、その国の通貨が多く買われる事になります。その結果、通貨が上がることになります。逆に政策金利が低くなると多くの資金が他の国へ流失してしまい、通貨が売られることになり通貨安となるのです。政策金利はその時々の経済状況によって見直されることが多く、たびたび変更されています。政策金利の変更が発表された場合、為替相場が大きく動くきっかけとなります。

 

住宅関連指標の為替相場への影響とは

(住宅関連指標)の為替相場への影響とはどのようなものがあるでしょうか。ほぼ各国とも月次で新築住宅の着工件数が発表されます。これは天候や季節に左右されやすい指標でもありますので四半期単位での推移を注目するケースもありますが、先進国では個人消費がGDPの6割を超えるようになっており、新規の住宅が着工するということは、それに伴う関連消費も旺盛になることかがきわめて重要な指標としてみられるようになっています。


また北米市場などでは中古住宅の販売件数も注目されます。サブプライムローンの問題が起きて以降大量な在庫が市中に出まわしましたが、これも大幅に改善されるようになったため、指標としては新築とともに注目されるものになってきています。国内ではマンションの販売個数などが経済指標を補うものとして注目されるようになってきています。いずれにしてもどの国でも住宅関連指標は経済に大きな影響を及ぼすため注目が続いています。

貿易収支の為替相場への影響とは

貿易収支)の為替相場への影響とはどのようになるものなのでしょうか。一般的には輸出が輸入を超えれば貿易黒字となり、逆の状態は貿易赤字となります。通常貿易収支が黒字になってくれば米ドルをはじめてとして他国の通貨を受け取ることになりますので自国通貨に両替していくことを考えれば、相手国の通貨を売って自国通貨を購入することになるので当然のことながら自国通貨が高くなるのは需給の関係で発生してくると考えられます。

しかし日本のように大震災以降貿易赤字が続いても安全通貨として買われるという通常の発想とは別の動きがでることもあり、とくに先進国の通貨に関してはドルやユーロといった他国通貨との相対的な関係で為替に動きがでることも考えておかなくてはなりません。つまり経済原則だけで動かない様々な事情が絡んでいることも理解しておくべきです。ただマクロ的な部分で考えますとこうした大原則に収斂されてくることが多いと考えていいでしょう。

CPI(消費者物価指数)の為替相場への影響とは

CPI(消費者物価指数)は、日本を始めイギリス、アメリカといった様々な国が毎月発表する物価の動向を示す指標のことを言います。この指標の捉え方としては、前回のCPIの指数の数値と比べて上昇しているのか下降しているのかの状態を見ることが肝要です。上昇しているのであればインフレ傾向、下降しているのであればデフレ傾向を示します。なおインフレとは、物価が上昇してお金の価値が減少することです。そのため、インフレの場合には金利を上げる対策を取り、物価とお金の価値のバランスを取ることとなります。


このようにCPI(消費者物価指数))の為替相場への影響とは、重要な指標でもありますのでそれが発表され、インフレ傾向が強いと判断されると金利の上昇が見込めることから、盛んにその国の通貨を買おうとする動きが生じます。よって、その国の通貨が上昇する傾向が強くなる訳です。FX取引においてもファンダメンタルズ取引を行うにあたっては、毎月のCPI(消費者物価指数)をチェックしていくことは、将来の相場展開を予測する上で欠かすことが出来ない作業となります。

WordPress Themes