雇用統計の為替相場への影響とは

外国為替による投資を行っているという人は多いと思いますが、継続して為替相場で利益を上げていくには相場の動きを予測する作業が欠かせません。為替相場の値動きはさまざまな要因によって引き起こされますが、その一つの要因として見逃すことのできないものがあります。それは雇用統計と呼ばれるものです。特にアメリカのドルという通貨は世界の基軸通貨であるため、アメリカの雇用統計は為替相場に大きな影響を与えます。では雇用統計)の為替相場への影響とは何かを説明してみましょう。


アメリカには日本の日銀にあたる連邦準備制度理事会があり、金融政策を実施しています。連邦準備制度理事会では、金利を上下させることで景気のバランスを取っています。その時に大きな指標となるのが雇用統計なのです。雇用状況が悪化すると金融緩和によって金利が下げられ、逆に雇用状況が改善されると金利が上げられることになります。金利が下がればドルが売られて下落をし、金利が上がればドルが買われて上昇することになります。

GDP(国内総生産)の為替相場への影響とは

GDP(国内総生産)の為替相場への影響とはどのようになっているかを見ていきましょう。GDPは各国の経済規模をあらわす指標として重要なもので概ね四半期、年間での数字が発表されます。為替相場に影響をあたえるのはその伸び率ということになります。GDPの成長率には名目成長率と物価の変動等を調整した実質成長率がありますが、為替市場が最も注目するのはこの実質成長率です。というのも実質成長率が高ければその国の通貨は上昇すると判断されるからです。

 

GDPの拡大はその国への投資機会が増大し、海外からの資金も潤沢に流入してくることから通貨の上昇へと導かれることになることになります。一方GDPの成長率が鈍ると海外からの投資意欲も減退し投資収益も期待できなくなり成長率のより高い新興国市場などへと資金がシフトすることになり、その国の通貨は売られ通貨の下落につながって行くことになります。通貨を比較することはそれぞれの国の経済状況の実態を表しているともいるのです。

自分の取引スタイルを身に付けることが大切

自分の取引スタイルを身に付けることが大切と言われているが、なかなか自分の取引スタイルが定まらない。どのようにすれば自分の取引スタイルができるのかと探りつつ、いろんな本を読んだり、講演会に行ったり、資料に目を通しているはずだ。

 

専門家の意見も聞いている。しかし、勉強すればするほど深みにはまり込んでしまうものだ。それもそのはず、手に入れる資料は全て画一された手腕というものはなく、専門家ごとに視点とスパンが異なっている。一見、掴みどころがない側面があるのだ。

 

では、どうしたら自分の取引スタイルを身に付けることが大切だという経験則を得ることが出来るのだろうか。それには、勉強すればするほど視点やスパンが異なり混乱するのであれば、自分に合いそうな専門家の視点を一つ、徹底的に真似してみることが必要だ。

 

実際のトレードでは、なかなか試しにくいのでバーチャル取引で試してみるのがいい。そして、自分の取引スタイルとどこが異なるのかを検討していくなかで、最終的には自分の取引スタイルを構築していくのである。

トレンドに乗り、逆張りしないことが大切

相場に参加しているトレーダーもその性格は十人十色であって、強気派のトレーダーから弱気派のトレーダーまで様々です。強い上昇相場が続いている時に弱気派のトレーダーはあまりに高すぎて買えないという事が少なくありません。

一方、強気派のトレーダーはその上昇相場の波に乗って利益をあげるのです。また下落相場が続いている中では、弱気派のトレーダーがまだまだ下げ局面が続くと考えて尻込みする一方で、強気派のトレーダーは果敢に安値を拾いに行きます。

トレーダーの性格によって相場への参加の仕方は変えるべきものですが、トレンドに逆らって逆張りをする事は強い気持ちが必要だと言えるでしょう。短いスパンの中で値動きを考えてポジションを取る事は、大きなトレンドに押し潰される結果を招きやすいのです。細かい値動きによる損益の変動で右往左往してしまうタイプのトレーダーにとっては順張りの投資法が有効と言えます。大きなトレンドに乗り、逆張りしないことが大切なのです。

 

<img src=”http://animaart.net/wp-content/uploads/2013/01/2du_kenya66.jpg” alt=”" title=”2DU Kenya66″ width=”1024″ height=”683″ class=”aligncenter size-full wp-image-204″ />

取引記録を保存することが大切

FX取引を長い間続けていると同じような場面に出くわす事があります。歴史は繰り返すと言われるように相場も過去にあった事例と同じような動き方をする事があるのです。投資家個人の取引を振り返って見ても同じ事が言えます。投資家にはそれぞれ独自の性格や個性があり、それに大きく影響されながら取引を行っているために、何も意識をせずに取引を続けていると特定の傾向が現れてきます。同じような場面で同じような失敗をしている事もあります。<br/><br/><br/>投資家として同じ失敗の繰り返しを避けるためには、投資行動の取引記録を保存することが大切になってきます。取引した時の記憶はだんだん薄れていくために同じ失敗を繰り返してしまうのです。保存された取引記録をしっかり分析して、何が悪かったのかを把握して次の投資行動に活かす事が大事になります。取引記録を見ればそれまで忘れてしまっていた事まで思い出されて次への教訓にもなるでしょう。投資で成功するためには取引記録の保存が大切です。

ナンピンと塩漬けは絶対にしないことが大切

為替相場において損失が出てしまった時の対処法として、利益が出るまでポジションを保持する塩漬けや下がった所で通貨を買うナンピン買いが挙げられます。ナンピンと塩漬けは絶対にしないことが大切といわれるのは、大きなリスクを背負う確率の方が高いからです。

ナンピン買いや売りは平均売買価格を下げる上で有効に見えるかもしれません。トレンドが変化したのなら有効でありますが、トレンドが変わらない限りにおいては損失をより拡大させてしまうことになります。

塩漬けについては、買いポジションを持っている場合に多くみられ、相場が上昇するのを期待してポジションを放置しておくことです。ナンピン同様にトレンドが変化(上昇)したのなら良いものの、下落トレンドが続くと損失を拡大させてしまうだけでなく、投資資金を使うことが出来なくなります。投資資金が使えないどころか、含み損に耐えなければいけないため精神的に良い方法とは決して言えません。また、資金が使えないため折角の買い場、売り場を逃してしまうことになります。

勝つ勝算がない時はポジションを持たないことが大切

FX取引を始めたばかりの人が陥りやすい売買行動の一つに、いわゆる「ポジポジ病」というのがあります。

これは、常にポジションを持ちたがったり、ファンダメンタル、テクニカルいずれの確固たる根拠なしにポジションを持つ人のことを指す、かなり広く知られているFXにおけるスラング(俗語)です。これは人間が本質的持つ欲望の部分に関係していると思われますが、二重の意味で危険な行動であると言わざるを得ません。その理由を以下に述べます。

まず、勝つ勝算がないにも関わらずポジションを持つことは、FX取引そのものが「投資」ではなく「投機」に近いものになってしまいます。FXをギャンブル的に考え取り扱うことは危険ではないでしょうか。次に、自らの投資テクニックの進歩に役立たないということです。結果的に勝っても負けても、その理由を明確にし、次に生かすことができないのです。なぜそのポジションをそのタイミングで持ったのかを説明できなければ投資の腕を磨くことは難しいでしょう。ですから、勝つ勝算がない時はポジションを持たないことが大切なのです。

なんとなくのエントリーは絶対に避けることが大切

FXに限らずに相場を張る上では、投資するべき根拠を明確にしないまま、なんとなくのエントリーは絶対に避けることが大切であると言われています。投資する根拠が最近、一気に下がったのでまた騰がりそうだからと言う様に感覚で投資を行うことは危険で慎むべきです。

毎日、相場をチェックしていると調子が良い時は騰がり続け、一旦調整に入ると調整し続ける傾向があるのが相場の傾向です。よって、人間の勘ほど当てにはならないものはないということで、勘でFX取引をすることは止めた方が無難です。

投資する上で心がける必要があるのは、ロスカットが出来ずにそのまま塩漬け状態にしてあることを避けることです。最初の段階でのロスカットをしっかり行えば、損を限定的に済ますことが出来て、再投資にチャレンジする機会を見つけることが可能です。ショートやロングの投資を行い塩漬けにしておくことは、金銭的な損失、時間的損失、機会の損失の三つの損失を抱えている事となる訳です。そのため、投資を行う上ではあらかじめロスカットしたい設定金額を決めてから、投資を行うことが肝要です。

自分なりのロスカットのルールを徹底することが大切

ロスカットはFX取引において証拠金の範囲内まで損失が拡大した時に自動的に決済されるシステムでFX会社であればどの会社でも設定されています。

このシステムによって所持金の範囲内で決済するので損失の拡大は免れますが、損失が大きくなりすぎてしまい、退場してしまう事になりかねません。私も大きな損失を出して強制ロスカットされてしばらく取引が出来なくなるほどの痛手を受けましたが、やはり逆指値を設定するなど損失の拡大を自らで設定する必要があります。

私はFX取引を再開して自分で決めた事は必ず逆指値やOCO,IFOの損失拡大防止の手動設定をするようにしています。当然何度も逆指値に掛かってしまいますが、逆に行かれたらしょうがないと諦めてまた再度チャレンジして取引します。最近なんとか勝てるようになってきましたが、逆指値によって損失の拡大を防ぐ事で気持ちを切り替える事が出来るのです。自分なりのロスカットのルールを徹底することが大切なので必ず逆指値の設定をするようにしておいた方がいいのです。

FXでは小さな利益を積み重ねることが大切

FXでは小さな利益を積み重ねることが大切であり堅実な運用の極意といえます。FXの魅力は、少ない元本で大きな金額を運用できることにありますが、ハイリスクハイリターンの運用は堅実な運用とは言い難いものがあります。

最初に用意する元手資金は多めに、スプレッド幅を小さくして運用することが賢明です。堅実な運用という意味では、外貨それぞれの金利で得られるスワップポイントで収入を得る方法があります。元手がある程度あればこの方法は有効です。

FXを含め相場変動の差益を得る資産運用において重要なことは、最大限の利益を抜き取ろうとして好機を逸してしまい、損失が膨らんでしまって運用自体が破綻してしまう状態にならないことです。株の運用と似ていますが、自分で決めた利益分を確保できたときに、売買を成立させてしまって確実に利益を積み重ねることが重要になります。最大限の効果を得ようと欲張ってしまうとかえって良くない結果を招いてしまうことになるのです。

WordPress Themes