Category: FX

FXで大損を避けるコツ

FXで大損を避けるコツはただ一つといってもいいでしょう。それはストップロスをおくことです。つまり売りにしても買いにしてもポジションを持ったあとに当初考えていた方向と違う方向に相場が動き出した時にはかならず損きりをするポイントを決めておき、自分で決めたルール通りに損きりをしていくことが重要です。これができないと結局損害を広げることになります。例えば投入資金の5%の損害がでたら必ずロスカットするといった決まりの履行です。

具体的に損をしますとどうしても満額を取り返したいと思うことから損切りをせずに相場が戻ることを期待することになります。しかしそうした状況は資金を固定化することになるため自在性を欠き、さらに大きな損失を作り出すことになりかねません。

間違ったと思ったら即時に損きりをしてまた建て直しを図ることが重要です。FXで儲けている人たちはかならず損きりの独自ルールを設定しそれを守るようにしています。これが大損を避けるコツです。

fxのスワップポイントについて

fxのスワップポイントについてご存知ですか?このスワップポイントは大変魅力的なものなのです。スワップポイントとは、金利差によって発生する損益のことです。fxにおいては、金利が安い国から高い国の通貨を購入した場合、その金利差の部分がスワップポイントというように発生します。ここで気をつけなければいけないことがあります。それは、逆の場合には損が発生してしまうということです。なので、スワップポイントをしっかり把握することはとても重要なことなのです。fxでは、為替の変動による利益とスワップポイントが収益の軸となります。

これからの対策としては、円が低金利のため、外貨を購入することがスワップポイントを稼ぐためには効果があると言えるでしょう。しかし、fxの場合は、スワップポイントよりも為替による変動部分の方が、インパクトが大きいので、しっかりとしたリスク管理をする必要があります。どちらにせよ、円安に入ると、よりトレンドに乗ったスワップポイント効果を発揮することができますので、スワップポイントが高い通貨を選択肢として考えるということが重要です。

WordPress Themes