ナンピンと塩漬けは絶対にしないことが大切

為替相場において損失が出てしまった時の対処法として、利益が出るまでポジションを保持する塩漬けや下がった所で通貨を買うナンピン買いが挙げられます。ナンピンと塩漬けは絶対にしないことが大切といわれるのは、大きなリスクを背負う確率の方が高いからです。

ナンピン買いや売りは平均売買価格を下げる上で有効に見えるかもしれません。トレンドが変化したのなら有効でありますが、トレンドが変わらない限りにおいては損失をより拡大させてしまうことになります。

塩漬けについては、買いポジションを持っている場合に多くみられ、相場が上昇するのを期待してポジションを放置しておくことです。ナンピン同様にトレンドが変化(上昇)したのなら良いものの、下落トレンドが続くと損失を拡大させてしまうだけでなく、投資資金を使うことが出来なくなります。投資資金が使えないどころか、含み損に耐えなければいけないため精神的に良い方法とは決して言えません。また、資金が使えないため折角の買い場、売り場を逃してしまうことになります。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes