勝つ勝算がない時はポジションを持たないことが大切

FX取引を始めたばかりの人が陥りやすい売買行動の一つに、いわゆる「ポジポジ病」というのがあります。

これは、常にポジションを持ちたがったり、ファンダメンタル、テクニカルいずれの確固たる根拠なしにポジションを持つ人のことを指す、かなり広く知られているFXにおけるスラング(俗語)です。これは人間が本質的持つ欲望の部分に関係していると思われますが、二重の意味で危険な行動であると言わざるを得ません。その理由を以下に述べます。

まず、勝つ勝算がないにも関わらずポジションを持つことは、FX取引そのものが「投資」ではなく「投機」に近いものになってしまいます。FXをギャンブル的に考え取り扱うことは危険ではないでしょうか。次に、自らの投資テクニックの進歩に役立たないということです。結果的に勝っても負けても、その理由を明確にし、次に生かすことができないのです。なぜそのポジションをそのタイミングで持ったのかを説明できなければ投資の腕を磨くことは難しいでしょう。ですから、勝つ勝算がない時はポジションを持たないことが大切なのです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes