景況感調査の為替相場への影響とは

景況感調査)の為替相場への影響とはどのようになっているでしょうか。先進国で発表される景況指数は景気の先行きを占うものとして大きな注目を集めます。アメリカのISM製造業景況指数やドイツのZEW景況指数などがこれに当たりますが、双方ともに景気の先行きを見る上で市場はその数値と市場アナリストの予想数字との乖離に大きな興味をもつことになります。だいたい50を超えれば景況拡大で下回れば後退を意味しますが、仮にマイナスでも市場予想よりよければ為替市場はプラスに反応します。

特に最近のこの手の指数については絶対値よりも市場の予想を超えているか下回るかで為替の反応が大きく変わることがあり、こと為替市場に関しては相対的な評価となることが多いのに注意が必要となります。それだけ経済指標の場合にはある程度事前段階から折込済みになるケースも多いということになりますが、大方の予想を裏切ったときに失望売りが出やすくなっており、ポジティブサプライズには比較的大きな反応がでることも増えているのが特徴です。

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes