自分なりのロスカットのルールを徹底することが大切

ロスカットはFX取引において証拠金の範囲内まで損失が拡大した時に自動的に決済されるシステムでFX会社であればどの会社でも設定されています。

このシステムによって所持金の範囲内で決済するので損失の拡大は免れますが、損失が大きくなりすぎてしまい、退場してしまう事になりかねません。私も大きな損失を出して強制ロスカットされてしばらく取引が出来なくなるほどの痛手を受けましたが、やはり逆指値を設定するなど損失の拡大を自らで設定する必要があります。

私はFX取引を再開して自分で決めた事は必ず逆指値やOCO,IFOの損失拡大防止の手動設定をするようにしています。当然何度も逆指値に掛かってしまいますが、逆に行かれたらしょうがないと諦めてまた再度チャレンジして取引します。最近なんとか勝てるようになってきましたが、逆指値によって損失の拡大を防ぐ事で気持ちを切り替える事が出来るのです。自分なりのロスカットのルールを徹底することが大切なので必ず逆指値の設定をするようにしておいた方がいいのです。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes