FXではリスクを最小限に抑えることが大切

FXを初めて約4年が経過しました、最小は一冊のFXの基礎教本を読み独学で始めました、ビギナーズラックというのでしょうか指標などのなんの知識も無かったのにそれなりの利益が出ました、所が2008年サブプライムローンからのリーマンショックによる世界金融危機に巻き込まれ投資資金の大半を失ってしまいました、その反省からFXの通信講座を受講して基礎から投資の勉強を始めました、そこで投資で一番重要なのはリスク管理という事を学びました。

誰にも確実に未来を予想することは出来ません、よってエントリーした時点で資金をリスクに晒すことになります、そこで個人投資家が出来ることは唯一損失を限定する事だけです、しかしそれが出来ればリーマンショックやギリシャ危機が起きても最小限の損失で切る抜けることが出来ます、投資資金を守れれば次なる利益の機会を迎えることも出来ます、それがFXではリスクを最小限に抑えることが大切という事だと思います、それを行うには一にも二にもエントリーすると同時に損切りの設定もする事だと思います。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes