政策金利の為替相場への影響とは

その国の中央銀行が銀行をはじめとする金融機関に融資をする際の金利のことを政策金利といいます。政策金利の変更は、主に物価の安定やインフレ、デフレなどの経済状況を改善することを目的に行われます。政策金利は民間の金融機関の預貯金の金利にも大きな影響を与え、政策金利の高低によって民間の金利も変動することになります。為替相場を語る上で、政策金利の存在は決して無視することはできません。政策金利)の為替相場への影響とは何かを簡単に説明してみましょう。

仮に政策金利が高くなった場合、その国の金融機関には高金利を求めてたくさんの資金が集まることになります。これは国内に限らず海外からの資金も流入することになり、その国の通貨が多く買われる事になります。その結果、通貨が上がることになります。逆に政策金利が低くなると多くの資金が他の国へ流失してしまい、通貨が売られることになり通貨安となるのです。政策金利はその時々の経済状況によって見直されることが多く、たびたび変更されています。政策金利の変更が発表された場合、為替相場が大きく動くきっかけとなります。

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes