貿易収支の為替相場への影響とは

貿易収支)の為替相場への影響とはどのようになるものなのでしょうか。一般的には輸出が輸入を超えれば貿易黒字となり、逆の状態は貿易赤字となります。通常貿易収支が黒字になってくれば米ドルをはじめてとして他国の通貨を受け取ることになりますので自国通貨に両替していくことを考えれば、相手国の通貨を売って自国通貨を購入することになるので当然のことながら自国通貨が高くなるのは需給の関係で発生してくると考えられます。

しかし日本のように大震災以降貿易赤字が続いても安全通貨として買われるという通常の発想とは別の動きがでることもあり、とくに先進国の通貨に関してはドルやユーロといった他国通貨との相対的な関係で為替に動きがでることも考えておかなくてはなりません。つまり経済原則だけで動かない様々な事情が絡んでいることも理解しておくべきです。ただマクロ的な部分で考えますとこうした大原則に収斂されてくることが多いと考えていいでしょう。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes